DIADORA|ディアドラ|安全靴|FINCH FC-474 FC-383 FC-292 FC-181/既製品おススメ品⑭

DIADORA|ディアドラ|安全靴|FINCH FC-474 FC-383 FC-292 FC-181/既製品おススメ品⑭

オシャレな安全靴、、履きませんか?

価格についてはWEB上では非公開の為、別途お問い合わせくださいませ。

さてさて今回はオシャレな安全靴、、履きませんか?シリーズ第7弾として、
【ディアドラ】安全靴FINCH/フィンチ(FC-474、FC-383、FC-292、FC-181)の紹介をしていきたいと思います。

DIADORAのメーカー紹介はこちら

FINCH/FC-474 FC-383 FC-292 FC-181

ディアドラ フィンチシリーズ
ディアドラにあのBoa Technologyの革新的なクロージャーシステムを搭載。
いままでにない足の動きにあわせて自然で快適なフィット感、短時間での装着や、手袋をつけていても締めたり緩めたりしやすい 新しい感覚を実感してください。
49本の超高強度からなる強靭なステンレス鋼ワイヤーレースで耐久性は抜群の上、短時間で簡単に締め上げられる別次元のフィット感はやみつきに!
また、つま先を守るラバートウガード、革製の先革の上にさらに、ラバーを先芯の形状で保護しました。
一番傷つきやすいつま先を守ります。
さらに、ミッドソールの特徴である踵の蓄光材に加え、アッパーの踵部分DIADORA Utirityのオリジナル反射材を追加。
さらに安全性を高めました。
—————
Boa Technology
……………….
Boaダイヤルを回すことにより短時間で簡単に鋼ワイヤーレースを締めたり緩めたりすることが可能です。
ワイヤーレースは大変強靭にできており、耐久性にもすぐれています。
………………. Boa Technologyは世界各国で認知されているブランド各社とパートナーシップを結び、フットウェアを中心に800万以上の商品に搭載されています。
BoaはBoa Technology Inc.の商標登録です
—————

★ワンポイント
Boa Clousure Systemを採用でワンタッチでフィット感が得られる
踵部分に蓄光材をW装着
スプリングテックインソール使用
すべりにくい耐磨耗ハイパーPU使用
牛クロム革と人工皮革でつま先の耐久性アップ
軽量樹脂先芯使用
■素材・仕様
製法:セメント式
先芯:ハイテク樹脂製
甲被:牛クロム革+人工皮革
靴底:耐磨耗ハイパーPU
横幅:EEE
標準重量:814g(26.0cm)
【JSAA A種合格】

紹介動画がありました↓ 新色2色も紹介されてますね( ´∀` )

ここからは他シリーズ記事とも重複しますが、このページだけ見た方用に一応書いておきますね↓( ´∀` )

安全靴のJIS規格とJSAA規格の違いについて

 JIS規格とJSAA規格の違いといえば、JIS規格のほうがJSAA規格よりもより強固で安全性が高いと言う点が挙げられます。

 JSAA規格は軽作業などの作業現場に適した規格のため、靴の安全性を確保しながらも軽量で疲れにくさも必要となります。そのため使用されている素材がJIS規格のものよりも強度が落ちる素材が使用されており、甲被の種類が革製、人工皮革製、ビニルレザークロス製といった軽量な素材の使用が可能となります。JIS規格の場合は牛革製と総ゴム製のみJIS規格の適応素材ですので、それ以外の素材はJIS規格として認められないことになります。突き刺しや引っ張り、耐荷重性などもJIS規格のほうがJSAA規格の1.5倍程度強固になっており、危険度の高い重作業などでの使用が望ましいと言えます。

 基本的にどちらも足の安全性を確保するための規格ではありますが、JIS規格に比べてJSAA規格のほうが強度が落ちるため、使用する場所に適した使い方が必要となります。ただJSAA規格のほうがJIS規格品と比べた場合に軽く蒸れにくく使い勝手が良いという側面もありますので、JIS規格のほうが優れているとは言い切れない部分もあります。そのため、職場の作業内容に合わせて適材適所で安全靴を選ぶことが大切になります。

JSAA規格もJIS規格とほぼ同じ試験をクリアしている

  • JSAA(A種) 普通作業用…安全靴JIS T 8101 S種の試験方法と同様の試験をクリア
  • JSAA(B種) 軽作業用 …安全靴JIS T 8101 L種の試験方法と同様の試験をクリア

これは、規格を決めている団体が異なっているからですね。

どんな業界でも、色々大人の事情があるもんです(笑)

JISは革靴じゃないと適応されないんで、そもそもスニーカーは無理なんですね。
でも、履き心地や軽さ、なによりデザイン性なんかは、スニーカータイプの方が色々できるし。。でもJISは通らないし、、。う~~ん。

じゃあ自分達で規格作りましょうか!!ってなったのがJSAAって事です。

昔は安全靴といえば革靴!というのが一般的でしたが、作業性や仕事の内容によってもスニーカータイプが普及してきてて、最近では、シェア上回ったとかも聞きます。
運送会社や、倉庫関係の大手様もスニーカータイプ採用されてたりします。

ディアドラ、FINCH/FC-474 FC-383 FC-292 FC-181
オシャレな安全靴、、履きませんか?第7弾です。他シリーズはこちら

ぜひぜひお問い合わせくださいませ。

でわでわまたまた。

村上ちひろ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です